So-net無料ブログ作成

記:2011年2月17日(木)

大学時代の後輩がこの世を去った。

自分なりに可愛がっていた後輩だったが、卒業してからは少し疎遠になっていた。
それなりに面倒を見てきたと思うが、その分面倒を見てもらっていた。

恥ずかしい話だが、その後輩は昨年夏から闘病生活を送っていたようだったが、私がそのことを知ったのは先々週のことだった。
余命わずかと友人から聞いたので、その週末に見舞いに行った。

久々に会った後輩は元気そうで普通に会話も弾んだし、差し入れの(少し大きめの)和菓子をその場で2つも食い切るくらいの食欲があったので安心していた。
(実際には元気に見せていただけだったかもしれないが)

見舞いに行った3日後、後輩は息を引き取った。
病状が急変した際、治療をしている医師に自ら「意識レベルを下げてください」と言ったそうだ。
あいつらしいな、と思った。

ご両親への遺書が残っていて、その中には「ここまで(闘病生活)頑張ったので、死んでも泣かないで笑顔で褒めてください」と書かれていたことを笑顔で話してくださったお母さんの前で不覚にも泣いてしまった。
本当は自分が一番苦しかったはずなのに、残された人たちへの気配りができていたことに心を打たれた。

大学の同期で自殺したのが3人いる。
友人の言葉を借りて言えば、彼らは「生きるのをやめた」のだ。
しかし後輩は生きたかったけど、生きられなかったのだ。
その心中は察して余りある。
いや、この言葉こそ失礼かもしれない。
健康でいられている自分には、後輩の気持ちなど想像できようもないのだから。
ただ無念であったことは痛いほどわかるし、このことだけは忘れてはいけない気がする。

私の好きな歌の歌詞に以下の一節がある。
「命は始まった時から、ゆっくり終わっていくなんて信じない。
 僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれないから。」

今の私には当たり前のように明日がきて、明後日がくる。
ただ仕事に忙殺されるだけの毎日ではあるが、その日その日を精一杯生きたいと改めて思う。
明日を生きられなかった後輩に恥じないように…。



見舞いの帰り際「次は3月の頭に来るからそれまで生きてろ。」と言った私に「うん、分かった。頑張る」と言ってくれた後輩の顔が忘れられない。
努めて気丈に明るく振る舞ってくれた後輩に敬意を払うと共に、安らかな冥福を祈りたいと思う。



明るく元気な奴だったから、供養と思われることは派手に楽しくやりたいと思う。
いつか仲間を集めて実家にお邪魔したいと思う。
お父さんもお母さんも優しそうな方だったから、きっと一緒に騒いでくれるではないかと思う。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

まりこ

そうだったんですか…私も知ってる方ですかね…
by まりこ (2011-02-21 22:00) 

ほたか

>まりこ ちゃん
ご無沙汰してますね。お元気でしたか?
この後輩は人科の後輩だけど、たぶんまりこちゃんは知らないと思うよ。
普段あまり自分や身近にいる人の不幸は考えられないけど、日々自分に胸を張れるように送っていきたいね。


by ほたか (2011-02-23 23:59) 

まりこ

お久しぶりです!
そうだったのですね…
本当にその通りです・・・

ほたかさんはお元気していましたか?
久しぶりにお会いしたいですね。
まだアドレスとかかわってないですかね・・・
by まりこ (2011-02-26 02:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。